実験ノート

構築記事など

【USUM シーズン15 最終2107】霧隠れリザグロス

こんにちは、グリシンと申します。
シーズン15お疲れ様でした。
USUMからシングルレートを始めて、今回初の2100を達成することができました。
使用した構築について本記事に詳細をまとめます。

以下常体


【使用構築】




【コンセプト】

・対面性能の高いポケモンで1:1交換を狙い、ラス1ミミッキュで詰める
・相手の考慮の範囲外の技や型で崩しを行う


【個別解説】

メガリザードンY @メガ石
性格:臆病
特性:ひでり
努力値:C252 S252 D4
技構成:オーバーヒート 火炎放射 エアスラッシュ ニトロチャージ

リザードンミラーや意地グロスを意識して最速で採用。
リザグロスの最速リザYは考慮されない場合が割とあり、リザX読みの行動・選出で何度か勝ちを拾えた。
元々は炎技二枠を大文字とめざ氷で採用していたが、大文字と比べてめざ氷を打つ機会があまりにも少なかったため、この技構成に変更した。
上振れを狙えるため、最速リザYのエアスラは入れ得。


メガメタグロス @メガ石
性格:意地っ張り
特性:かたいつめ
努力値:H124 A204 S180
技構成:思念の頭突き 雷パンチ アームハンマー バレットパンチ

♢特化ミミッキュのZシャドクロ最高乱数切り耐え
♢H4振りミミッキュをバレパンで乱1(81.2%)
♢準速100族抜き

出し負けが少ないので、広い技範囲を生かして初手から相手を削る役割を担った。
特に数を増やしていたカグヤ入りの構築に対して、雷パンチが刺さる場面が多かった。
多くの構築に投げられる反面、ギルガルド入りに対してはお荷物になるため、ギルガルドが見えた場合は選出しないよう心掛けた。


カプ・レヒレ @ミズZ
性格:控えめ
特性:ミストメーカー
努力値:C252 S252 D4
技構成:ハイドロポンプ ムーンフォース 目覚めるパワー炎 瞑想

攻撃を一発は耐える耐久と中速を抜ける素早さ、ミズZによる瞬間火力により対面性能が非常に高かった。
グロスとの補完も良く、グロスヒレの並びで多くの構築を相手にできた。
また、本構築は猛烈にナットレイを呼ぶため、そこに対してめざ炎が生きる場面が多かった。


ランドロス @突撃チョッキ
性格:意地っ張り
特性:威嚇
努力値:H212 A44 B4 D220 S28
技構成:地震 岩石封じ 蜻蛉返り 叩き落とす

♢特化カプ・テテフのフィールド下サイキネ2耐え
♢無補正C振りカプ・コケコのめざ氷2耐え

調整について詳しくはポケ徹を参照。
主にグロスヒレを起点にする特殊型ポケモン(ゲンガー、アーゴヨンウルガモス等)と高速電気(カプ・コケコ、ライボルト)が見えた時に選出した。
これらのポケモンに対し、相手の想定外の耐久から仕事をしてもらった。


ゲッコウガ @命の珠
性格:やんちゃ
特性:変幻自在
努力値:A252 S252 C4
技構成:けたぐり ダストシュート 悪の波動 身代わり

♢無補正H142 B252振りカビゴンをけたぐりで乱1(68.7%)
♢H212振りガルーラをけたぐりで乱1(75.0%)
♢H振りカプ・レヒレをダストシュートで確1
♢H振りギルガルドを悪の波動で確2

本構築最大の地雷。
環境に多いカビマンダガルドとガルランドを取り巻きを含めて処理するためにA特化両刀で採用した。
はじめは冷凍ビームも採用していたが、ゲコに突っ張るマンダ、ランドはいないと判断し、裏のガルドを起点に出来る身代わりを採用した。
この変更がとても強く、ガルド入りの構築に対して多くのeasy winを生み出してくれた。
一方、再戦で型がバレてると弱い。

ミミッキュ @気合の襷
性格:意地っ張り
特性:ばけのかわ
努力値:A252 S252 H4
技構成:じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞

基本はラス1に置き、襷を盾に積んで全抜きする役割を任せた。
カバルドンをはじめとする物理受けが残っていると通しにくいため、前の二体でミミッキュの弊害を全力で処理するように意識した。
また、本構築はボーマンダに勝てるのがミミッキュもしくはHPフルのレヒレしかいないため、ボーマンダ入りには絶対選出し、皮と襷を残すプレイングを心掛けた。


【構築の要点】


対面性能が高く補完に優れたメガメタグロス+ミズZカプ・レヒレを軸に戦う。特に、この二体と襷ミミッキュを組み合わせることで、対応範囲の広い対面選出となる。


グロスが腐る可能性がある構築(ギルガルド入りやリザードン入り等)には、メガ枠としてリザYを選出する。グロスと違いリザYは行動保証がないため、安易に投げて出落ちしないように注意する。


ランドロスは高火力特殊への切り返しとして、ゲッコウガは役割対象を含む特定の構築の崩し枠として投げ、裏のポケモンを通すお膳立てをする。


【構築の欠点】

f:id:ponz_poke:20170321152654p:plainf:id:ponz_poke:20170503125324p:plainf:id:ponz_poke:20170503125911p:plainf:id:ponz_poke:20171008160842p:plainf:id:ponz_poke:20171008161315p:plainf:id:ponz_poke:20171012162840p:plain
構築に氷技がないため、純粋にボーマンダが重い。また、構築のSラインが低いため、カプ・コケコ、カミツルギ、変幻ゲッコウガがめちゃくちゃ重い。つまりは、純正カバマンダが辛い。

f:id:ponz_poke:20180319040107p:plainf:id:ponz_poke:20171006173322p:plainf:id:ponz_poke:20171006180646p:plain
また、受けサイクルに対する明確な崩し枠がないため、相手のプレミを期待するか運を味方にしないと勝てない。


【おわりに】

ここまで閲覧いただきありがとうございました。
運が良かったのもありますが、今回初の2100達成ということで非常に嬉しく思っています。
一発屋にならないよう、今後も引き続き楽しみながらレートを頑張ろうと思います。

質問等何かあればツイッター(@glycinepoke)にてご連絡ください。



TNグリシン 最終2107 40位




※追記:QRレンタルチームを作成しました。興味があればぜひ使ってみてください!