実験ノート

構築記事など

【USUM シーズン15 最終2107】霧隠れリザグロス

こんにちは、グリシンと申します。
シーズン15お疲れ様でした。
USUMからシングルレートを始めて、今回初の2100を達成することができました。
使用した構築について本記事に詳細をまとめます。

以下常体


【使用構築】




【コンセプト】

・対面性能の高いポケモンで1:1交換を狙い、ラス1ミミッキュで詰める
・相手の考慮の範囲外の技や型で崩しを行う


【個別解説】

メガリザードンY @メガ石
性格:臆病
特性:ひでり
努力値:C252 S252 D4
技構成:オーバーヒート 火炎放射 エアスラッシュ ニトロチャージ

リザードンミラーや意地グロスを意識して最速で採用。
リザグロスの最速リザYは考慮されない場合が割とあり、リザX読みの行動・選出で何度か勝ちを拾えた。
元々は炎技二枠を大文字とめざ氷で採用していたが、大文字と比べてめざ氷を打つ機会があまりにも少なかったため、この技構成に変更した。
上振れを狙えるため、最速リザYのエアスラは入れ得。


メガメタグロス @メガ石
性格:意地っ張り
特性:かたいつめ
努力値:H124 A204 S180
技構成:思念の頭突き 雷パンチ アームハンマー バレットパンチ

♢特化ミミッキュのZシャドクロ最高乱数切り耐え
♢H4振りミミッキュをバレパンで乱1(81.2%)
♢準速100族抜き

出し負けが少ないので、広い技範囲を生かして初手から相手を削る役割を担った。
特に数を増やしていたカグヤ入りの構築に対して、雷パンチが刺さる場面が多かった。
多くの構築に投げられる反面、ギルガルド入りに対してはお荷物になるため、ギルガルドが見えた場合は選出しないよう心掛けた。


カプ・レヒレ @ミズZ
性格:控えめ
特性:ミストメーカー
努力値:C252 S252 D4
技構成:ハイドロポンプ ムーンフォース 目覚めるパワー炎 瞑想

攻撃を一発は耐える耐久と中速を抜ける素早さ、ミズZによる瞬間火力により対面性能が非常に高かった。
グロスとの補完も良く、グロスヒレの並びで多くの構築を相手にできた。
また、本構築は猛烈にナットレイを呼ぶため、そこに対してめざ炎が生きる場面が多かった。


ランドロス @突撃チョッキ
性格:意地っ張り
特性:威嚇
努力値:H212 A44 B4 D220 S28
技構成:地震 岩石封じ 蜻蛉返り 叩き落とす

♢特化カプ・テテフのフィールド下サイキネ2耐え
♢無補正C振りカプ・コケコのめざ氷2耐え

調整について詳しくはポケ徹を参照。
主にグロスヒレを起点にする特殊型ポケモン(ゲンガー、アーゴヨンウルガモス等)と高速電気(カプ・コケコ、ライボルト)が見えた時に選出した。
これらのポケモンに対し、相手の想定外の耐久から仕事をしてもらった。


ゲッコウガ @命の珠
性格:やんちゃ
特性:変幻自在
努力値:A252 S252 C4
技構成:けたぐり ダストシュート 悪の波動 身代わり

♢無補正H148 B252振りカビゴンをけたぐりで乱1(68.7%)
♢H212振りガルーラをけたぐりで乱1(75.0%)
♢H振りカプ・レヒレをダストシュートで確1
♢H振りギルガルドを悪の波動で確2

本構築最大の地雷。
環境に多いカビマンダガルドとガルランドを取り巻きを含めて処理するためにA特化両刀で採用した。
はじめは冷凍ビームも採用していたが、ゲコに突っ張るマンダ、ランドはいないと判断し、裏のガルドを起点に出来る身代わりを採用した。
この変更がとても強く、ガルド入りの構築に対して多くのeasy winを生み出してくれた。
一方、再戦で型がバレてると弱い。

ミミッキュ @気合の襷
性格:意地っ張り
特性:ばけのかわ
努力値:A252 S252 H4
技構成:じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞

基本はラス1に置き、襷を盾に積んで全抜きする役割を任せた。
カバルドンをはじめとする物理受けが残っていると通しにくいため、前の二体でミミッキュの弊害を全力で処理するように意識した。
また、本構築はボーマンダに勝てるのがミミッキュもしくはHPフルのレヒレしかいないため、ボーマンダ入りには絶対選出し、皮と襷を残すプレイングを心掛けた。


【構築の要点】


対面性能が高く補完に優れたメガメタグロス+ミズZカプ・レヒレを軸に戦う。特に、この二体と襷ミミッキュを組み合わせることで、対応範囲の広い対面選出となる。


グロスが腐る可能性がある構築(ギルガルド入りやリザードン入り等)には、メガ枠としてリザYを選出する。グロスと違いリザYは行動保証がないため、安易に投げて出落ちしないように注意する。


ランドロスは高火力特殊への切り返しとして、ゲッコウガは役割対象を含む特定の構築の崩し枠として投げ、裏のポケモンを通すお膳立てをする。


【構築の欠点】

f:id:ponz_poke:20170321152654p:plainf:id:ponz_poke:20170503125324p:plainf:id:ponz_poke:20170503125911p:plainf:id:ponz_poke:20171008160842p:plainf:id:ponz_poke:20171008161315p:plainf:id:ponz_poke:20171012162840p:plain
構築に氷技がないため、純粋にボーマンダが重い。また、構築のSラインが低いため、カプ・コケコ、カミツルギ、変幻ゲッコウガがめちゃくちゃ重い。つまりは、純正カバマンダが辛い。

f:id:ponz_poke:20180319040107p:plainf:id:ponz_poke:20171006173322p:plainf:id:ponz_poke:20171006180646p:plain
また、受けサイクルに対する明確な崩し枠がないため、相手のプレミを期待するか運を味方にしないと勝てない。


【おわりに】

ここまで閲覧いただきありがとうございました。
運が良かったのもありますが、今回初の2100達成ということで非常に嬉しく思っています。
一発屋にならないよう、今後も引き続き楽しみながらレートを頑張ろうと思います。

質問等何かあればツイッター(@glycinepoke)にてご連絡ください。



TNグリシン 最終2107 40位




※追記:QRレンタルチームを作成しました。興味があればぜひ使ってみてください!



【USUM シーズン13 最終2056】選出誘導ゲコミミリザY

こんにちは、グリシンと申します。

シーズン13お疲れ様でした。

2000達成の記録として、シーズン13で使用した構築について簡単にまとめます。

以下常体。

 

【使用構築】

f:id:glycinepoke:20190108163233p:image

 

【コンセプト】

運だけゴーリする。

…と見せかけて、ゴーリ対策で出てきたポケモンをニトチャリザYで狩る。

 

【個別解説】

f:id:glycinepoke:20190108171038p:imageメガリザードンY@メガ石

性格:臆病

特性:ひでり

努力値:C252 S252 D4

技構成:大文字 エアスラ めざ氷 ニトチャ

 

ニトチャを積んで全抜きする。

 

f:id:glycinepoke:20190108171224p:imageゲッコウガ@気合いの襷

性格:控えめ

特性:激流

努力値:C252 S252 D4

技構成:熱湯 手裏剣 冷ビ 挑発

 

初手に出して相手を削る。挑発で展開防止をする。

 

f:id:glycinepoke:20190108171338p:imageミミッキュ@ミミッキュZ

性格:意地っ張り

特性:ばけのかわ

努力値:A252 S252 H4

技構成:じゃれ 影うち 剣舞 電磁波

 

電磁波で切りながら裏のリザYに繋ぐ。

 

f:id:glycinepoke:20190108171343p:imageモロバレル @イアの実

性格:図太い

特性:再生力

努力値:H252 B236 D20

技構成:イカサマ クリスモ 胞子 光合成

※最終日のラスト数戦だけ、モロバレル →スカーフキノガッサで使用

 

不利対面の引き先がいないので出さない。選出誘導係。

 

f:id:glycinepoke:20190108171349p:imageクレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:浮遊

努力値:H252 B252 S4

技構成:こごかぜ 月の光 みかまい 電磁波

 

身代わり持ちに無限に起点にされる。選出時はオニゴーリとセット。

 

f:id:glycinepoke:20190108171357p:imageオニゴーリ@食べ残し

性格:臆病

特性:ムラっけ

努力値:H172 D84 S252

技構成:フリドラ 零度 守る 身代わり

 

対面選出でどうしても無理な構築と刺さりまくってる構築にのみ出す。

 

【構築の要点】

一般的にオニゴーリに強いポケモンメタグロス、ゲンガー、ウルガモスバシャーモなど)はニトチャリザYに弱いことが多いため、ゴーリで選出誘導をしながらゲコミミリザYを通していく。

 

オニゴーリで選出を縛っていることを念頭に、相手の型読みや裏読みをしながら立ち回る。

 

終盤は全人類オニゴーリをメタっているため、リザYが動かしにくい構築(ヒードラン入りなど)以外には基本的にオニゴーリを出さない。

 

 

【おわりに】

今期対戦していただいた方々、ありがとうございました。

今回、選出画面で相手の選出を縛りながら対戦するという考え方が分かったので、来期以降もこれを参考に、レートを頑張りたいと思います。

 

ここまで閲覧いただきありがとうございました。

質問等何かあればツイッター(@glycinepoke)にてご連絡ください。

 

TNグリシン 最終2056 79位

f:id:glycinepoke:20190108163721j:image

f:id:glycinepoke:20190108170820j:image

 

 

 

 

 

【USUM シーズン11 最終2033】対面構築ゲコミミリザX

はじめまして、グリシンと申します。

USUMからレート対戦を始め、シーズン11で初めてのレート2000を達成することができました。こちらはその記録としての構築記事となります。簡易的で拙い文章ではありますがご了承ください。

以下常体です。

 

【使用構築】

f:id:glycinepoke:20180904081912p:image

 

【コンセプト】

S10一位の襷Zメガの並びを参考に、襷ゲコ+Zミミ+リザXの三体で対面気味に戦う。

対面選出で勝てなそうな場合はオニゴーリを通す。

 

 

【個別解説】

f:id:glycinepoke:20180904171804g:image

メガリザードンX@メガ石

性格:意地っ張り

特性:かたいつめ

努力値:A252 S252 D4

技構成:逆鱗 フレドラ ニトチャ 剣舞

構築のエース。ゲッコウガミミッキュが削った相手をニトチャの餌にしてリザを一貫させる。オニゴーリミミッキュが鋼を呼ぶので起点は作りやすい。無振りメガボーマンダに対する威嚇込み逆鱗の乱数を上げるために意地っ張りでの採用。剣舞を使うタイミングが少なかったので、範囲を広げるためにカンチや地震を採用するのもありだったかもしれない。タイプ相性不利なポケモンも火力でゴリ押せるのが強かった。

 

 

f:id:glycinepoke:20180904171851g:image

メガメタグロス@メガ石

性格:意地っ張り

特性:かたいつめ

努力値:H124 A204 S180

技構成:アイヘ バレパン 地震 岩封

クレセゴーリで選出する際に重くなるミミッキュの対策として採用。ASミミッキュをバレパンで倒せるように性格は意地っ張りで準速100族抜き調整。耐久はミミッキュのゴーストZを耐えるライン。技構成はミミッキュ意識のアイへバレパン、構築が呼ぶ電気/鋼対策の地震、ゴーリの起点作成のための岩封とした。ゲンガーが見えている場合、クレセゴーリと一緒に選出できないのが痛い。

 

 

f:id:glycinepoke:20180904171921g:image

ゲッコウガ@気合いの襷

性格:控えめ

特性:激流

努力値:C252 S252 D4

技構成:熱湯 手裏剣 撒菱 挑発

前期1位のゲッコウガを使用。初手性能が高く使いやすかった。しかし、構築に電気無効枠がいないため、レート終盤は襷激流を読んだ動きをされることが多かった。このポケモンが初手で相手をどれだけ削れるかで、ほとんど勝負が決まる。

 

 

f:id:glycinepoke:20180904171954g:image

ミミッキュ@ミミッキュZ

性格:陽気

特性:ばけのかわ

努力値:A252 S252 H4

技構成:じゃれ 影うち 呪い 電磁波

対面性能を高めるためのじゃれ影と、リザやゴーリの起点作りのために呪い電磁波を採用。最速の理由はミミッキュ対面で上から確実に動き、皮剥がしや削りができるようにするため。Zをはいた後に出てくるギャラやリザなどに電磁波を入れ、起点回避をしながら呪いで裏につなぐ動きが強かった。

 

f:id:glycinepoke:20180904172006g:image

クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:浮遊

努力値:H252 B252 S4

技構成:こごかぜ 月の光 みかまい 電磁波

オニゴーリの相方。基本的には消耗したオニゴーリの起点作成兼回復要員として使用。相手の起点にもなりやすいため、立ち回りが難しかった。凍える風は電磁波が通らない電気やミストフィールド下のポケモンを起点にできるのが強かったが、火力が低すぎるのが難点。

 

 

f:id:glycinepoke:20180904172016g:image

オニゴーリ@食べ残し

性格:臆病

特性:ムラっけ

努力値:H172 D84 S252

技構成:フリドラ 零度 守る 身代わり

裏エース。調整はコケコなどの特殊に強いものを使用。対面選出の通りが悪そうな場合に出していった。Sが勝っている相手に対してとりあえず身代わりを連打して運勝ちを狙う。終盤ゲッコウガの通りが悪くなったために選出する機会が多く、運ゲーの化身になっていた。

 

 

【基本選出】

ゲコ+ミミ+リザX

ゲコやミミで相手を削りつつ、ニトチャリザで全抜きする。リザXが止まるポケモン(レヒレやドランなど)が二体以上入ると動かしにくい。

 

グロス+クレセ+ゴーリ

グロスで相手の頭数を減らしつつ、隙を見てゴーリを投げてみがまもしていく。場合によってゴーリの相方は変える。対面選出が止まりそうならこちら。

 

 

【おわりに】

今期は中盤から終盤にかけてレート2000から1700まで溶かしてしまい、そこから数百戦かけての最終レート2000達成となりました。終盤は本当に勝てなかったので、構築の改善点はかなり多いです。反省を踏まえて来期は最高レートを更新できるよう頑張ります。

ここまで閲覧ありがとうございました。

20乗った記念にツイッター(@glycinepoke)も始めたのでよかったらフォローしていただけると嬉しいです。

 

…最終日にゴーリ使いまくって申し訳ありません…

 

 

TNグリシン 最終2033 112位

f:id:glycinepoke:20180904170754j:image

f:id:glycinepoke:20180904170743j:image